×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ギター攻略に役立つ情報が満載!

GTS-Presents
サイトマップ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
ホーム MIXI 掲示板 ブログ FAQ お問い合わせ

いろんなシャッフル表記

ブルースなどで必ずと言っていいほど登場するシャッフル。 俗に「ハネる」とも言い、そういった曲の事を「ハネ物」と読んだりします。 反対語は「イーブン」で、シャッフル表記が無ければよほどの事が無い限りイーブンです。

記号表記

8ビートシャッフル

8ビートシャッフル

8分音符を中抜きの1拍3連符で演奏する記号で、ブルースやロックでひんぱんに登場します。 ポピュラーな音楽にも時々登場します。

16ビートシャッフル

16ビートシャッフル

16分音符を中抜きの半拍3連符で演奏する記号で、ファンク系やフュージョン系などで登場します。 ポピュラーな音楽にはあまり登場しません。

文字表記

ノリの種類をそのまま書く。

記号ではなく文字で表記している場合の代表的な文字表記で、 記号表記よりは多少自由な印象です。 ノリの種類を書いている訳で、これ以外はあまりありません。

音楽の種類をそのまま書く。

さらに自由な印象の文字表記です。その場の雰囲気で自由にシャッフルすると思っていいでしょう。

知っておきたい事

記号が「中抜きの3連符」を示しているからといって、その通り演奏するとは限らず、 誇張してシャッフルする事もあります。 逆にあまりシャッフルしない場合もあり、こちらの方が難しい。

しかし、指示が無い場合や一般的には正確な「中抜きの3連符」で演奏する。 練習の時も、正確に「中抜きの3連符」で行なった方が良いでしょう。

▲このページのトップへ

音楽シート
エクササイズ楽譜
スケール楽譜
コード楽譜
曲の楽譜
ツール
書庫
おすすめ
音楽記号辞典
音楽用語辞典
Copyright©2004-2017 Guitar Technical Solutions All rights reserved.